私が開院した理由

【なぜカイロプラクティック?】

151204dna240
2008年、私は細胞の機能を遺伝子・タンパク質レベルで解析する研究者として5年目を迎えました。大学4年時から始まった研究漬けの日々は既に11年。肉眼では見えない世界を探求する楽しい毎日でしたが、歳を重ねるにつれて、研究者として期待される将来と自分の適正や興味にギャップを感じつつありました。

もどかしい気持ちの反動だったのか、この2008年は衝動的に新しいことに挑戦しました。太鼓を叩いたことがないのに太鼓研修の合宿に参加したり、初マラソン出場を決めたり。そのマラソン練習中に筋を痛めて歩けなくなり、行った整体院で、薬などなくても骨格や筋への刺激だけでふっと痛みが消える体験をして、「人間のからだはおもしろい!」と気づきました。

自分は微生物や動物細胞の研究をしてきたけれど、人間のことは何も知らない。人間のからだのことをもっと知って、そして目の前の人に喜んでもらいたい。それも手術や薬ではなくあの整体院の先生のように「みずからの手」を使って。さまざまある手技療法の中で私は何を学びたいのか・・・。何週間もネット情報を読みあさった結果、私にとって最も思想が魅力的で科学的に研究されていて、医師に頼らず単独で開院できる手技療法として「カイロプラクティック」を選びました。

【留学しよう!】

151204plane240
日本にはカイロプラクティックの学校が複数ありますが、法制化されていないため、学校によって年数も教える内容も異なり、教育基準が定まっていません。研究職を辞めて第2の人生として選ぶなら後悔はしたくない、確かな知識を学んでおきたい・・・。学校説明会に参加したり、カイロプラクターとして活躍されている先生方や学生の方々に次々と相談した結果、最終的にカイロプラクティック発祥の地である米国での留学を決意しました。

留学を決めたのが2010年の秋、さっそくTOEFL対策を始め、2011年の3月にいくつかの米国カイロプラクティック大学を訪問して行く大学を決定し入学手続きを完了。進行中だった研究の論文投稿を6月までにすべて終え、研究所を辞職して6月末に渡米、7月からドクターオブカイロプラクティックプログラムスタートというスピード展開で第2の人生がスタートしました。

約4年間のプログラム、初めての異国生活、1学期=11週間の試験に追われる日々が年に4回繰り返される慌ただしい学生生活。徹夜も数限りなくしましたが、素敵な先生方や友人達、クリニックに訪れる患者さん達に恵まれ、励まされ、一緒に努力し笑い、美しいキャンパスで過ごす日々はとても刺激的で幸せでした。

好奇心のおもむくままたくさんの選択講義を取ったため、結局入学してから最終学期までのんびり過ごすことなく3年9ヶ月の全力疾走。計4,000時間以上の中身の濃い講義、実習、臨床を修了し、2015年3月に晴れてD.C.(Doctor of Chiropractic)の学位を獲得。5部門からなる国家試験にすべて合格し、ジョージア州の開業資格を取得、晴れて米国開業資格を有するカイロプラクティックドクターとなりました。

卒業後は様々なオフィスを訪問し、インターンとして働き、さらにセミナーを受講して研鑽を重ね、2015年8月末、日本でオフィスを起ち上げるべく帰国しました。

【そして今・・】

151204open240
米国での3年9ヶ月の学業と20以上の学外セミナー、そして数々のカイロプラクティックオフィスで実地で得た経験と知識、それらを1日も早く日本のみなさんに届けたい、その強い思いで開院いたしました。当院は来院される方々とともに、これからも成長を続けます!

Home にもどる >>

開院カレンダー

最新記事

2017-8-11

丸1日、写真撮影大会♪

当院の基本情報

【院名】きっず&ふぁみりーカイロプラクティック三田

【院長】山崎美佳(やまざきはるか)

【受付時間】※完全予約制
 火, 水, 金, 土:10:00-20:00

【問い合わせ欄メールフォーム受付】
 24時間年中無休

【定休日】日, 月, 木, 祝

【℡】03-6809-5570

【住所】〒108-0073 東京都
 港区三田 3-4-18 二葉ビル 604

Facebook

ページ上部へ戻る