カンボジアミッショントリップ_マッサージではないカイロプラクティックを伝えよう編

前記事、スナーダイ・クマエの次に向かったのはSCSAセンター。

SCSAについて書く前に、
今回のカンボジアミッショントリップメンバーの新たな試み、
「カイロプラクティックを伝える」
について。

 

カンボジアではカイロプラクティックは馴染みがありません。
カンボジア旅行者にお馴染みの「マッサージ」はカンボジアの皆さんもよくご存じなので、
私たちが来ると「マッサー、マッサー」
と集まってきてくれます。

 

でも、米国生まれのカイロプラクティックはマッサージとは異なるもの。

神経系を調えて健康になろう!

という以上の、

1回のカイロプラクティックアジャストメントが世界平和につながる

というひろ〜〜〜い世界観、哲学を持っています。

 

毎年訪れている施設の運営者や旅のコーディネーターの方々から、
カイロプラクティックとは何なのか、なぜ毎年カンボジアに来るのか、
それを皆に伝える文章を用意してほしいというご要望をいただき、

カイロプラクティックの魅力を少しでも知ってワクワクしてもらえたらいいな、
と今回ミッションメンバー皆で協力して、

「カイロプラクティックとは」

のパネルを用意しました。

 

カイロプラクティックプレイスTAKUMIの院長、
タカさんが作ってくださった説明原本がこちら。
タカさんの優しい人柄が前面に出た素敵な解説。

Chiropracticとは

Chiropracticは1895年にアメリカで誕生した手技療法です。

発祥の地アメリカでは、赤ちゃんから老人まで幅広い層から人気があり、
プロアスリートにも重宝されています。

わたしたちの身体は脳と神経のネットワークシステムにより動いています。

カラダのバランスを整え神経の流れをよくしておくと、心もカラダもすっきりし、
今までよりもお友達と仲良く遊べます。

気持ちよくカラダを動かすことができるようになるから、
スポーツをやっている子にもとくにおススメです。

こんな風にカイロプラクティックは痛みがあるなしに関係なく受けることができ、
みんなに健康で楽しい毎日を過ごしてもらうためのものです。

みんなが今よりも健康で毎日楽しく暮らすことができる。今日がそのきっかけとなることを願い、心のこもった施術をさせていただきます。

なぜ、私たちが毎年カンボジアで施術をさせてもらっているのか!?

それは、私たちが大好きなカイロプラクティックを大好きな国カンボジアで、みなさんにカイロプラクティックを受けてもらうことに大きな喜びを感じているからです。

私たちはこんな事をイメージしています!

みなさんがカイロを受けると……。とても心地よい気分になり自然と笑顔になる。その笑顔を見たまわりの人たちにも笑顔が伝染する。笑顔はプラスのエネルギーを生み、優しさや愛につつまれる。

そして、そのエネルギーが地域や国、世界に広がっていく。

小さな一歩かもしれませんが、世界がより良い場所になっていくことを信じ願い、この活動を毎年続けています。

TIC一同

そしてこの英訳を託されたのが私・・
(英訳をさらにクメール語に訳してもらうため)

 

うーんと、英訳、もっとも苦手とするところなんですけど・・
といっても、4年間も英語圏に留学したのは参加メンバーのうち私だけ。
カイロプラクティックの真意をカンボジアの方々にきちんと伝えたい想いは私も同じ、

 

ということで、
留学中に受けてきたカイロプラクティック哲学の授業や講演も参考にしながら、
頭をひねりにひねったつたない私の英訳がこちら。

想いがこもりすぎて、特に2つめの「理由」については結構壮大な英語になりました・・
To Change the Worldってね。

でも、この広がりこそが、私がアメリカで4年間留学して体感してきた「カイロプラクティック」です。

 

What is Chiropractic

Chiropractic was born in 1895 in the United States of America.
Chiropractic is very popular in the U.S.

Not only adults, but babies, children, pregnant women, professional athletes, and elderly people love chiropractic to live a happy and healthy life.

Your brain controls all parts of your body through the nervous system.
Chiropractic takes care of your nervous system and make you feel comfortable, make you feel happy, and make you high in energy.

After a chiropractic adjustment,
you can more enjoy playing with your friends because you are high in energy.

After a chiropractic adjustment,
you can play a sport better because your body works well.

After a chiropractic adjustment,
you can focus on your studies because your brain works well.

Today, we will give you an adjustment with LOVE,
and hope it makes you smile, and brings you and your friends a happier and healthier life.

 

The reason why we come here from Japan every year
and why we deliver chiropractic adjustments to you.

That is because we love you and we love people in Cambodia.
That is because we love chiropractic and we know the power of a chiropractic adjustment.

When you receive a chiropractic adjustment,
you will feel some energy coming from the inside of your body.
It makes you feel comfortable, and makes you smile.

Smiles are contagious.
When you smile, people around you will smile.
When people around you smiles, your neighbors will smile.
When your neighbors smile, your village will be filled with love.
When people love each other in your village, smiles will spread throughout the country.

When everyone smiles in Cambodia,
the positive energy will spread out,
and everyone around the world feel happy and peaceful.

One chiropractic adjustment is a small thing.
One smile is a small thing.

But we know one adjustment and one smile have enough energy
to change you and change the world.

That is the reason why we come here from Japan every year
and why we deliver chiropractic adjustments to you.

With love,
all TIC members

 

One chiropractic adjustment is a small thing.
One smile is a small thing.
But…

という「a small thing」の使い方は、
私が編み出したものではありません。

 

カイロプラクティック教本 “Green Books” の第18巻、

カイロプラクティックを広めた立役者 B.J. Palmerが1934年に記した
The Subluxation Specific- The Adjustment Specific
の p.63, Chapter 1 にある
「SMALL THINGS ARE LARGE」
からいただいています。


(上記写真:Amazon.comより)

 

冬に歩道(の雪)ですべったり、夏にはしごから落ちたりするのは
「a SMALL thing(ささいなこと)」で、
そんなことは何百万人の人に起こることだ。

それによって頸椎(首の骨)の1番や2番を痛めるのも「a SMALL thing」である。

でも、その結果、脊髄にわずかな圧迫を生じて、
脳と身体に不調和を生み、健康を損ねてしまえば、
その人にとっては大きな痛手「a BIG thing」となる。

そんな人々が1,000人もいれば、1都市が健全でなくなる。
そんな人々が100万人もいれば、1つの州が健全でなくなる。
そんな人々が1.2 億人もいれば、1つの国を損なう。

(このころの米国人口が1.2億だったようです。今の日本くらいなんですね。ちなみに米国の2014年人口は3億。)

 

「SMALL THINGS ARE LARGE」の文章はさらに続き、

一方、頸椎を痛めた1人の人が特異的なカイロプラクティックアジャストメント(神経の滞りを解放する施術)を受けるのはささいなこと(a SMALL thing)だが、

その結果、その人が神経の健全な働きを取りもどし健康になることは、
その人にとって「a BIG thing(大いに意義あること)」であり、

そんなことが1,000人積み重なれば、1つの都市が元気になり、
1.2億人積み重なれば、健全で豊かな国を生み出すことができる。

とカイロプラクティックアジャストメントの意義を解説していきます。

 

このカイロプラクティック哲学、日本にはあまり伝わっていません。
カイロプラクターと名乗る人でも、知らない人がいます。

カンボジアミッションをおこなっているカイロプラクター達は
このメッセージを大切にしています。

1人への1回のアジャストメントは小さな事だけれど
それが周りを幸せにするきっかけになり得る、
と心から思い、願っているからこそ
ミッショントリップを続けているのです。

 

ミッショントリップコーディネーターでデザイナーでもある「カヨさん」が
素敵な背景をつけてくださり、

【英語版】

ミッショントリップにずっと付き添って
私たちの面倒を見たり通訳をしてくださる「ロン」がクメール語に訳してくれました。

【クメール語版】

クメール語ってむずかしそう・・^^;

 

実はこのデザイン、
ミッションメンバーが活動するTシャツのためにカヨさんが作ってくださったデザインです。

皆の背中に羽根が生えている!

 

このパネルのお陰で、
今回はより多くのカンボジアの方々が、カイロプラクティックの魅力を知ってくださったのでは、と思います。

カンボジアミッショントリップには毎回、
カイロプラクターでない方々もサポートメンバーとして
各々のミッションを果たしに参加されるのですが、

その1人の方が、このパネルを見て

「カイロプラクティックにはこんな素晴らしいメッセージがあるんですね」

と感動されていたのが印象的でした。

 

ミッショントリップ活動はカンボジアの方々にメッセージを届けるだけでなく、
日本の方々にも熱いメッセージを届けるまたとない機会であることを実感しました。

 

ところで私たち、
カンボジアのマッサー(マッサージ)も最終日に体験しましたよ♪

 

さて、今度こそ、スナーダイ・クマエの後に向かった
SCSAセンターについて。

つづく・・

 

Home にもどる >>

【ミッショントリップ記事一覧】

カンボジア・ミッショントリップに行ってきます
http://kiffami.com/archives/2128

ハイチ&ドミニカ共和国のミッショントリップ
http://kiffami.com/archives/2160

カンボジアミッショントリップ_訪問先編① スナーダイ・クマエ
http://kiffami.com/archives/2235

カンボジアミッショントリップ_マッサージではないカイロプラクティックを伝えよう編
http://kiffami.com/archives/2253

カンボジアミッショントリップ_訪問先編② SCSA
http://kiffami.com/archives/2273

カンボジアミッショントリップ_訪問先編③ ある出逢いと国際日本文化学園
http://kiffami.com/archives/2294

カンボジアミッショントリップ_訪問先編④ 小学校訪問と様々な使命
http://kiffami.com/archives/2433

カンボジアミッショントリップ_訪問先編⑤ かものはしプロジェクトと託児所
http://kiffami.com/archives/2469

カンボジアミッショントリップ_訪問先編⑥ はちどりプロジェクト
http://kiffami.com/archives/2485

カンボジアミッショントリップ_観光編
http://kiffami.com/archives/2504

カンボジアミッショントリップ_食事編
http://kiffami.com/archives/2568

この記事の著者

院長: はるか D.C., Ph.D.

きっず&ふぁみりーカイロプラクティック三田、院長のはるかです。
記事内容や当院についてのお問い合わせは「ご予約お問い合わせ」ページ(http://kiffami.com/contact)からお気軽にどうぞ。

※正確な情報発信をこころがけていますが、誤った解釈を発信していると判断された場合はお問い合わせ欄よりお知らせください。本ホームページの記事内容を引用する場合は、引用元(きっず&ふぁみりーカイロプラクティック三田)とURL(http://kiffami.com または該当記事のURL)を明記ください。

この著者の最新の記事

関連記事

Facebook

開院カレンダー

当院の基本情報

【院名】きっず&ふぁみりーカイロプラクティック三田

【院長】山崎美佳(やまざきはるか)

【受付時間】※完全予約制
 火, 水, 金, 土:10:00-20:00

【問い合わせ欄メールフォーム受付】
 24時間年中無休

【定休日】日, 月, 木, 祝

【℡】03-6809-5570

【住所】〒108-0073 東京都
 港区三田 3-4-18 二葉ビル 604

ページ上部へ戻る