カンボジアミッショントリップ_訪問先編① スナーダイ・クマエ

3/27から4/1まで行ってきたミッショントリップの様子を何回かに分けてお届けしたいと思います。

まずは「訪問先編」

 

カンボジア・ミッショントリップに行ってきます」の記事でご紹介した通り、

日本のカイロプラクターの先生方が中心となり、
6年間にわたってカンボジアの方々やカンボジアで活動している日本人の方々と交流を深めてきました。

今回は7年目。
関係を築きあげてきた7カ所を訪れました。

 

活動初日、3/28(火)に訪れた1カ所目は

①「スナーダイ・クマエ」

ホームページはこちら >> http://snadaicam.com/
私たちの訪問の様子も丁寧に書いてくださっているブログがこちら >> http://snadai.blogspot.jp/

 

スナーダイ・クマエ(Snadai Khmer)とは、「カンボジア人の手によるもの」という意味。

1998年設立の児童養護施設で、
親がいない、あるいは親に余裕のない子ども達が
学校に通って社会人として自立できるように、
基本的な生活習慣だけでなく絵画、語学、スポーツ、舞踊なども身につけ
充実した人生を送れるように、サポートしている施設です。
この施設の代表として運営管理を行っているのは、日本人女性のメアス・博子さん
博子さんが施設の説明をしながら配って下さった資料によると、

「児童養護施設」

と一言では片付けられないカンボジアの歴史を背景に感じます。

 

カンボジアは1975年から4年間、
当時の政府によって教師・僧侶を含む多くの知識人が虐殺され、
子ども達は教育を受けることを禁じられて肉体労働に駆り出され、
家族がばらばらになり、飢えに苦しみながら日々を過ごしました。

民主的な政治が行われるようになったのは約20年後の1993年。
教育というものが存在しない時代を生き抜いてきた人々が親になり、
子どもを授かっても、親や学校が子ども達に必要な愛情や道徳や教育を与えられない。
そんな中で活動を始めた養護施設でした。

 

スナーダイ・クマエ(カンボジア人の手によるもの)
という名前には

カンボジアの人々が自らの手で子どもを育て、
その子ども達が自分たちの手で国をつくっていく、
という希望が込められ、

スナーダイ・クマエの卒業生達は
共同生活の術を身につけ
観光ガイドやホテルや美容師などの仕事について社会人として活躍し、
結婚し子どもを授かり
カンボジアの次世代を担う子ども達を育てる親として自立した生活を送っています。

 

私たちがスナーダイ・クマエを訪れたときはちょうど絵画の時間。
子ども達が思い思いに画用紙に向かっていました。

美術や体育、音楽の授業のない学校が多い中、
スナーダイ・クマエの子ども達は施設で素敵な世界を描きだします。

私も可愛らしいカタツムリや亀さんのイラストがプリントされた
Tシャツやポストカードを購入しました。

 

日本でも定期的に絵画展を行っていて、
いただいた資料によると
2017年 7月 28,29,30,31日に
愛知県岡崎市 図書館交流プラザ りぶら101
スナーダイ・クマエ絵画展を開催するとのこと!

お近くの方、ぜひ子ども達ののびのびした絵に触れてみてください。
絵画購入もできるようです♪

 

博子さんに施設を案内していただき、みんな熱心に聞き入りました。

壁に貼られた作品から、たくさん日本の団体が訪れて交流していることがわかります。

竈があった!

 

施設見学後は、子ども達や職員の方々にカイロプラクティック施術を提供

博子さんが手に持っているのは、

今回ミッショントリップ一同で作りあげた
「カイロプラクティックとは」の説明パネル(詳細はこちら)。

カンボジアでは馴染みのないカイロプラクティックについて知ってもらい
そのエネルギーを体と心の両方で感じてもらうために用意しました。

 

みんなで記念撮影♪


手を振って見送っていただき、
次に向かったのは

「SCSAセンター」

つづく・・

 

Home にもどる >>

【ミッショントリップ記事一覧】

カンボジア・ミッショントリップに行ってきます
http://kiffami.com/archives/2128

ハイチ&ドミニカ共和国のミッショントリップ
http://kiffami.com/archives/2160

カンボジアミッショントリップ_訪問先編① スナーダイ・クマエ
http://kiffami.com/archives/2235

カンボジアミッショントリップ_マッサージではないカイロプラクティックを伝えよう編
http://kiffami.com/archives/2253

カンボジアミッショントリップ_訪問先編② SCSA
http://kiffami.com/archives/2273

カンボジアミッショントリップ_訪問先編③ ある出逢いと国際日本文化学園
http://kiffami.com/archives/2294

カンボジアミッショントリップ_訪問先編④ 小学校訪問と様々な使命
http://kiffami.com/archives/2433

カンボジアミッショントリップ_訪問先編⑤ かものはしプロジェクトと託児所
http://kiffami.com/archives/2469

カンボジアミッショントリップ_訪問先編⑥ はちどりプロジェクト
http://kiffami.com/archives/2485

カンボジアミッショントリップ_観光編
http://kiffami.com/archives/2504

カンボジアミッショントリップ_食事編
http://kiffami.com/archives/2568

この記事の著者

院長: はるか D.C., Ph.D.

きっず&ふぁみりーカイロプラクティック三田、院長のはるかです。
記事内容や当院についてのお問い合わせは「ご予約お問い合わせ」ページ(http://kiffami.com/contact)からお気軽にどうぞ。

※正確な情報発信をこころがけていますが、誤った解釈を発信していると判断された場合はお問い合わせ欄よりお知らせください。本ホームページの記事内容を引用する場合は、引用元(きっず&ふぁみりーカイロプラクティック三田)とURL(http://kiffami.com または該当記事のURL)を明記ください。

この著者の最新の記事

関連記事

Facebook

開院カレンダー

当院の基本情報

【院名】きっず&ふぁみりーカイロプラクティック三田

【院長】山崎美佳(やまざきはるか)

【受付時間】※完全予約制
 火, 水, 金, 土:10:00-20:00

【問い合わせ欄メールフォーム受付】
 24時間年中無休

【定休日】日, 月, 木, 祝

【℡】03-6809-5570

【住所】〒108-0073 東京都
 港区三田 3-4-18 二葉ビル 604

ページ上部へ戻る